iPadにオススメのBluetoothキーボードは打ちやすさとコスパでK380だ!

ガジェット

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

ブログやレビューで評価の高かったEwinの折りたたみ式のBluetoothキーボードを購入したのですが、思いのほかキーボードが僕に合わず、使用を断念していまいました。

そこで昔に購入していたのですが、当時はあまり出番がなかったので、寝かしておいたロジクールのBluetoothキーボードK380をひっぱり出し使ってみると思いのほか使いやすく、あらためてレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

キー配列が違和感なく、打ち心地がいい

ぱっと見はキーが丸くて「特殊な打ち心地かな?」と思いましたが、実際にキーを打ってみると不思議と違和感はありません。

最近はMacBook Proを使い出したのですが、MacJISキーボードと同様にスペースキーの左右に英数かなキーがあり、かなと英数の切り替えが普段通りできます。

またその周辺にはMacでは必須の⌘キーoptionキーも同様に配列されており、迷いません

また多用するEnterキーは十分な大きさで、delキーは少し小さいのですが、backキーがMacでのdelキーとして機能しますので、すぐに慣れるかと思います。

1つのキーの下半分に記載されているのがiOSやMacで使用するキーとなっています。

Easy-Switchで切り替えが簡単

このキーボードには3台まで機器を登録が可能ですが、その切り替えは1度ペアリング登録しておくと、キーボードの左上にあるEasy-Switchボタンを押すだけで、すぐに切り替えることができます。

ぼくはスマホのフリック入力が苦手なので、LINEなどで長文を打ちたいときはキーボードで文字を入力したくなることが多々あります。

そんな時はこのK380ならEasy-Switchボタンで簡単に切り替えることができてすぐにLINEの返信などもできます。

静かな打ち心地

キーを叩く音は静かです。

以前、使用していた時はなんとなくもう少し大きい音がしたような記憶があったのですが、あらためて確認してみると明らかに僕のMacBook Pro(2016)の方がキーを叩く音が大きいですね。

これならどこにも持って行っても気をつかわずに使用できると思いますよ。

コスパがいい

発売から日が経っていることもあり、アマゾンでは通常3,000円以下で販売されており非常に購入しやすいですね。

マルチペアリングでアップル製品以外にも、WindowsやAndroidでも使用できるので、1台あれば色々活用の幅が広がりますね。

モバイル用途ならもう少し軽いとさらに最高

非常によく出来たキーボードですが、完璧かといえばボクが知る限りでは確かに最高なんですが、欲を言えばモバイル用途だともう少し軽ければなというのが正直な感想です。

重さは423gで、この重量もあってキー入力は安定しますが、持ち運ぶには少々重く感じる方もいるのではないかと思います。

また折りたためない分どうしてもカバンの中でもスペースを取ることになります。

モバイル用途でとにかく重量やコンパクトさを重視される方はご注意をお願いします。

僕は大きめのカバンで常時持ち歩いているのですが、収納はこちらのカメラ用レンズケースがちょうどサイズがピッタリで重宝しています。

K380のまとめ

重さの面ではもう少し頑張ってもらいたいところですが、非常に打ちやすく静かで、マルチペアリングが何かと便利なK380ですが、コスパ的にも文句なしにオススメです。

以前は僕はタブレットはiPadで、スマホはAndroid、PCはWindowsを中心に使っていたので、このどれでも使える配列が良かったんです。

今はスマホもiPhoneに変更し、PCもMacBook Proを使い出したので、配列はアップルの配列だけにしてもらってキーを絞り込み、もう少しサイズをコンパクトにして重量をあと100gくらい軽くしてくれたら迷わず購入すると思います。

しばらくこのモデルの後継機種は出ていないので、ぜひロジクールさんよろしくお願いします。