ThinkPadのL390とL380を徹底比較!現時点では安く買えるL380がおすすめ!

ガジェット

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

ぼくの愛機ThinkPad L380が新年早々モデルチェンジを行い、L390が発売されました。

旧型となったL380とどこが変わったの?今買うならどちらがお得?と迷われている方もいるかもしれませんね。

両機種のスペックや価格などを比較して、L390が発売されたばかりのこのタイミングで購入するならどちらがおすすめかチェックしたいと思います。

新機種と旧機種が併売される場合では、あたり前と思われるかもしれませんが旧機種の方が価格が安いです。

ただし、場合によっては新機種が大幅にスペックアップしているにもかかわらず、わずかな価格差で旧機種が併売されている場合もありえます。

今回のモデルチェンジは、ほぼ同じ機種と言える程度のマイナーチェンジで、わずかな違いといえば選択できるCPUに違いがある程度です。

しかもどちらも第8世代のCore iシリーズで性能に大きな差はありません。

これでL380が第7世代のCore iやセレロンしか選択できないようだと、L390をおすすめしますが、現時点ではそんなこともなく、ほぼ同じモデルを安く購入できるL380がおすすめです。

公式HPで比較する

スポンサーリンク

L390とL380のスペック比較

もともとL380はコスパに優れた機種で、ThinkPadらしくキーボードもとても打ちやすく、質実剛健なところが気に入っておりました。

ただモバイルノートと考えると1.4キロを超える重さは少し重く、次のモデルではもう少し軽くなってほしいなと思っていました。

しかしながら今回のモデルチェンジではサイズや重量に変更はなく、USBやHDMIなどのポートの数や配置も同じです。

それではL390とL380の比較表で確認してみましょう。

  L390 L380
CPU 第8世代®Core™ 第8世代 、第7世代 ®Core™
メモリ  最大32GB  最大32GB 
 HDD  SSD 128、256、512GB  SSD 128、256、512GB
液晶画面  FHD IPS液晶、マルチタッチ対応(10点)、光沢なし
13.3型 FHD IPS液晶 、光沢なし
13.3型 HD TN液晶、光沢なし
 FHD IPS液晶、マルチタッチ対応(10点)、光沢なし
13.3型 FHD IPS液晶 、光沢なし
13.3型 HD TN液晶、光沢なし
インターフェース HDMI、USB 3.1タイプA x 2、USB3.1タイプC x 2 HDMI、USB 3.0タイプA x 2、USB3.1タイプC x 2
 カードリーダー  マイクロSD マイクロSD
 本体寸法  約 322 x 224.2 x 18.8mm 約 322 x 224.2 x 18.8mm
 重量  約 1.46kg~  約 1.46kg~
 駆動時間  最大 約15.4時間 最大 約14.7時間

本体寸法と重量はまったく変わらず、デザインやポートの配置もHPのL390の写真とぼくのL380をじっくり比較してみましたが、まったく同じでした。

CPUがより高速な種類を選択できるようになっていますが、あとはインターフェースでUSBのタイプAが3.0から3.1に変わったくらいで、こちらもほぼ影響はないレベルの変更と判断します。

つまりマイナーチェンジの中でも、これはもうほぼほぼ同じ機種と言っていいレベルの変更です。

公式HPで比較する

どちらが安く買えるか近いスペックで比較 今ならL380の方がお得!

マイナーチェンジレベルでもわずかな変更であれば、あわてて出たばかりのL390を買うよりL380の方がお安く購入できるかもしれませんので、近いスペックで価格を比較してみましょう。

ぼくのおすすめスペックは、この機種の特徴であるコスパに優れたモバイルノートということを念頭にできるだけ安く、そして満足できるパフォーマンスを考えカスタマイズしました。

ちなみにL380に関しては、ぼくが購入したモデルとほぼ同じスペックです。

おすすめノートThinkPad L380のレビュー・周辺機器などまとめ
ThinkPadのL380を購入し、メインPCとして日々活用しています。 とにかく価格的には低価格帯のノートですが、キーボードがとても打ちやすく、頑丈で使い勝手の良さが非常に気に入っています。 今回はこれまで書かせていただいたレビュ...
  L390 L380
CPU Core i3-8145U  Core i3-8130U
メモリ 8GB 8GB
SSD 128GB 128GB
液晶画面 13.3型FHD液晶 13.3型FHD液晶
その他 バックライト付きキーボード バックライト付きキーボード
価格 92,534円 79,947円
この価格は記事作成時に、割引率の高くなる週末や深夜におけるクーポンを利用した際の価格です。

差額は12,587円でなかなか大きな差ですね。

選択できるCPUは同じ第8世代同士で、L390に搭載できる8145Uの方が優秀なのですが、ベンチマーク比較記事で調べたかぎりではその性能差はおよそ10%程度です。

この程度のCPUのベンチマークの差では、同じ容量のメモリとSSDで合わせているなら、体感的にほぼ差は感じることはできないというのがぼくの個人的な見解です。

現時点での価格差であれば、安く購入できるL380をおすすめします。

公式HPで比較する

今後時間の経過とともにL380のCPUの選択肢が旧世代である第7世代のCPUしか選択できなくなったり、L390の割引率がアップして価格差がなくなってきたときがL390の本当の買い時です。

まとめ

今回のL380からL390へのモデルチェンジは、スペックや外観など比較すればするほど、ほとんど同じと言っていいレベルでした。
 
選択できるCPUの性能差も10%程度ですので、ここはおとなしく現時点では安く買えるL380を買うのが正解です。
 
また今後L390の割引率が拡大して価格差がなくなったりL380のカスタマイズが限定されておすすめのスペックで購入できなくなったりするようだと、それ以降はL390の方がおすすめとなります。
 
L380でこの記事も作成していますが、本当にキーボードも打ちやすくて買ってよかったと思える機種です。
 
L390を検討されている方なら、コストパフォーマンスを重視されていると思いますのでL380もぜひ検討してみてください。
 

公式HPで比較する

 
外でも持ち出すために予備の充電器を検討されている場合は、タイプCの充電器もいろいろありますが色々と相性の問題が発生する場合があります。

ThinkPadのType-C充電器は純正オプション品がおすすめの理由
ThinkPadの2018モデルを購入された方やこれから購入を検討されている方は、Type-Cの充電器も検討されているかもしれませんね?ぼくのThinkPad L380用に購入する際に相性の心配があるかもと思い純正の充電器を購入しました。ぼくが純正の充電器を購入した理由について説明させていただきます。

公式HPで注文時にいっしょに純正のタイプC充電器であるLenovo USB C 45W ACアダプターを購入されることをおすすめします。

いっしょに購入すると、この充電器が3,038円(2019年1月15日確認時)とアマゾンなどで購入するよりも安く購入できます。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。