Anker PowerCore Fusion 5000レビュー|出張や旅行中の充電はこれだけでOK!

ガジェット

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

ガジェットが好きだと、どうしてもデジタル機器の荷物が増えがちですよね?

でもスマホのバッテリーも大容量になってきましたので、普段出歩く時には充電器やモバイルバッテリーを持ち出すことはほとんどありません。

しかしながら旅行や出張に行くとなると充電器やモバイルバッテリーを持っていかない訳にはいきませんよね。

ぼくとしては少しでも荷物を少なく、軽くしたいのでコンパクトな充電器だけを持ち運びたいところですが、充電器だけを持ち出すと充電したい場面に限ってコンセントがない!という問題に遭遇してしまいます。

それならばとモバイルバッテリーも持ち出すと、モバイルバッテリー自体も充電しておかないといけませんし、どうしても荷物が増えてしまいますよね。

でもAnkerのPowerCore Fusion 5000があればこれらの問題を一気に解決できるんです。

PowerCore Fusion 5000には充電器に5000mAhのバッテリーが内蔵されているので、コンセントがあるところでは充電器として使用し、コンセントがない場面ではモバイルバッテリーとして機能する両者のいいとこ取りのハイブリッド充電器です。

PowerCore Fusion 5000は、旅行や出張の際に荷物を1点でも減らしたい方に特におすすめです。

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker

 

スポンサーリンク

PowerCore Fusion 5000の外観

PowerCore Fusion 5000のサイズと重量は次の通りです。

サイズ:約72 x 70 x 31mm 、 重量:約189g 

充電器とモバイルバッテリーの両方を持ち出すよりも断然スッキリしますね。

PowerCore Fusionは充電器としては大きめですが、充電器とモバイルバッテリーの2つを持ち運ぶことを考えると圧倒的にコンパクトでスマートです。

しかもお値段は2つを購入するよりもはるかに安く済みます。

またAnkerの充電器としては当たり前ですが、ACプラグが折り畳めるのでスッキリします。

これが折り畳めないとカバンの中で収まりが本当に悪いので地味ですが確認しておきたいポイントです。

同梱品として、持ち運ぶことが多くなるのでありがたいことにトラベルポーチが付属します。

キズを防ぐだけの薄いもので衝撃を防ぐようなものではありませんが、その分軽量です。

少しでも荷物を減らしたい、軽くしたいと考えているぼくとしてはこのスタイルが正解です。

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker

PowerCore Fusionの充電・バッテリー性能

PowerCore Fusionのバッテリー容量は5000mAhです。

最近のアンドロイドスマホだと4000mAhを超えるバッテリー容量のスマホもありますが、1回は満充電可能な容量がありますし、iPhoneなら2回は充電可能でしょう。

充電する際の出力ですが、これは意外でしたがAC使用時は2.1Aで、バッテリー使用時が3Aとバッテリー使用時の方が出力が大きいです。

またAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostで急速充電が可能となっています。

ですから急ぎでデジタル機器を充電したい場合は、コンセントに挿さずにバッテリーから充電した方が速いですよ。

最大Aは2つの出力ポートの合計になりますので、2つ同時に使用した場合は1つで使用した場合よりも出力が下がります。
Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker
 

PowerCore Fusion 5000の使い方・活用法

さて、このPowerCore Fusion 5000はどのような場面で活躍してくれるのでしょうか?

例えば、泊まりの出張や旅行に行った際に日中に充電したくなることがあるかもしれませんね。

食事中に充電しておこうと思っても、コンセントを確保できるとは限りません。

そうなると出先ではPowerCore Fusion 5000をモバイルバッテリーとして使用することが多いと思います。

そしてホテルに到着したら日中に使用したPowerCore Fusion 5000のACプラグをコンセントに挿して充電器として使用しましょう。

ところでモバイルバッテリーを旅行や出張に持っていくと、ホテルではそのモバイルバッテリーも充電しなければなりませんよね。

しかしコンセントに挿したPowerCore Fusion 5000に接続した機器の充電が完了すると、自動的にPowerCore Fusion 5000の内蔵バッテリーを充電を開始してくれます。

PowerCore Fusion 5000に接続した機器とPowerCore Fusion 5000のバッテリーは同時には充電できません。

あなたがお持ちの機器がライトニングケーブルやタイプCケーブルだけで充電できる方なら、モバイルバッテリー用に必要になるマイクロUSBケーブルを持ち運ぶ必要がありませんので、さらに荷物を減らせ一石二鳥です。

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker

 

まとめ

AnkerのPowerCore Fusion 5000は旅行や出張に充電器を持っていくか、モバイルバッテリーを持っていくか、あるいは両方を持っていくかという悩みを解決してくれるこれ一択でOKなハイブリッド充電器です。

ぼくも旅行や出張には悩むことなく、このPowerCore Fusion 5000を持っていっています。

あなたがこれから旅行や出張に持っていくときっと便利に使えると思いますよ。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker