TP-Linkの無線LAN中継器RE-200でネット環境を改善!

ガジェット

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

デスクトップパソコンに接続していた無線LANの子機の接続が頻繁に切れるようになり、その対策で無線LANの中継器を購入してみました。

スポンサーリンク

以前の通信環境

ぼくの自宅は2階建てで1階のリビングに無線LANの親機を設置して、メインのデスクトトップパソコンがあるのは、リビングの直上にある2階の自室で、無線LANの子機をUSB接続して使用していました。

接続、速度ともに問題無く使用できていたのですが、徐々に回線接続が切断される現象に悩まされるようになりました。これが起こりだすと非常にイライラしてしまいます。

ぼくは自作パソコンを使用していますが、しばらく前にCPU、マザーボード、メモリを換装したんですが、それ以降なんですよね~。相性の問題なんでしょうか?

中継器購入

そこでTP-Linkの無線LAN中継器 RE-200を購入してみました。

もともと電波自体の表示は強表示だったのですが、このRE-200は中継器としての機能とさらに有線LANケーブルを挿すことで有線接続が可能です。RE-200とデスクトップパソコンを疑似的に有線接続にすることで、この切断問題が解決するかもしれないと考えたのです。

結果として、それまでの定期的な回線の切断が起こらなくなり、本当に固定回線のようにしっかりと接続されているような感覚があります。

またこの機種の本来の中継器としての役割で、今まで少し弱かった2階の寝室への電波が強くなったのもうれしい効果です。

このような悩みは少し特殊だったかもしれませんが、同じようなことでお悩みの方がもしいらっしゃったら参考にしてみて下さい。