三木のナイアガラこと黒滝に行ってきました

三木のナイアガラ アイキャッチ ブログ

みなさん、こんにちは。ジャン(@jan_gadget)です。

2年ぶりに三木市の黒滝へレンズの試し撮りもしたくて行ってみました。

こちら黒滝は三木のナイアガラの滝とも言われている知る人ぞ知る三木市の名所となっています。

今回はオリンパスのマイクロフォーサーズレンズであるM.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PROをパナのGX7MK2に付けて、主に撮影してみました。

スポンサーリンク

黒滝こと三木のナイアガラへの行き方は?

黒滝は三木市の吉川町にあり、Googleマップで「黒滝」で検索すれば出てきます。

不便な場所でもありますので、できれば近くまで車で行きたいところですよね。

黒滝自体には駐車場はありませんので注意が必要です。

車で行く場合は、黒滝の看板でも案内されていますが、「山田錦の館」の駐車場を利用するのがおすすめです。

黒滝の看板

実際に山田錦の館に駐車してから歩いてみると、距離は約900メートル、徒歩15分程度でしたので散歩気分で気軽に行けると思いますよ。

道中に見事なかやぶき屋根を発見!

黒滝に向かっていくと、途中にある若宮神社を超えたあたりで左手にみごとなかやぶき屋根の休憩場所?を発見しました。

近づいてじっくり観察してみると、屋根の部分が層ごとに太さが違っていました。

すごい密集度で、これなら雨漏りもしないでしょうね。


いよいよ三木のナイアガラ黒滝に到着

かやぶき屋根を越えて、もう少し進むと川のところに橋があり、看板と下につながる階段があります。そこを降りて、川上に向かうとすぐに滝が見えてきますよ。

高低差は大したことはありませんが広い岩盤があり、壮大なというと言い過ぎかもしれませんが、手前の辺りの水量は十分で、力強く流れています。

まあ本場のナイアガラ自体は見たことことはありませんが、三木のナイアガラくらいは名乗ってもバチは当たらないでしょう。

看板によりますと、“敷石のように大きな一枚岩に、水がすだれ状に落ちるこの滝は落差4m・幅30mで、川幅いっぱいまに広がる横長の珍しい姿をしています。”とあります。

もっと広く撮りたかったので、iPhone 11 Pro MAXで撮影してみました。現行のiPhoneの超広角はやはり広く撮れますね。

黒滝超広角撮影
なんだか久々にミノムシを見つけたので、懐かしくて撮ってしまいました。

ミノムシ

2年前の2月8日には滝が凍っていましたが・・・

ちなみに2年前の2018年2月8日に行った時には滝が凍っていましたが、今回は2月19日に行ったところ、暖冬の影響もあり一切凍っていませんでした。

こちらは2年前の2月8日の写真です。

当時は見事に凍っていました。

凍った三木のナイアガラ

凍った三木のナイアガラ2

まとめ

三木市の黒滝は「山田錦の館」に駐車して徒歩15分程度で行ける三木市の名所の1つです。

「山田錦の館」では野菜なども安く売られており、帰りにたくさん買って帰りました。

皆さんも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ブログ
スポンサーリンク
シェアお願いします!
ジャンのブログニュース