ワードプレスのエディターをGutenbergからクラッシックエディターに戻す方法

ブログ

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

ワードプレスを5.0にバージョンアップしてみると、強制的にエディターが最新のGutenberg(グーテンベルク)に更新されてしまいました。

Gutenbergエディター

これまでも何度かワードプレスのバージョンアップをするたびに今後エディターが更新されるというメッセージがあったような気がしていましたが、正直あまり気にしてはいませんでした。

ところが今回のバージョンアップではこれまで使い慣れたエディターから、個人的にはまったく別物と感じるエディターに強制的に変わってしまい、ハッキリ言って操作が全く分かりません。

このままではブログが書けない!と思い、元のエディターに戻そうと調べてみるとなんとか戻し方が分かりました。

それはプラグインを使う方法です。

プラグインを使えばどなたでも簡単に戻すことができますので、その手順を説明させていただきますね。

スポンサーリンク

プラグインのClassic Editorなら簡単に元に戻せます!

Gutenbergからクラシックエディターに戻す方法は難しい方法ではありません。

プラグインの「Classic Editor」をお使いのワードプレスにインストールして有効化する、それだけで元に戻すことができます。

まずワードプレスのプラグイン画面から「新規追加」をクリックします。

ちなみにぼくはワードプレスのテーマとして無料テーマのcocoonを利用しています

プラグインの新規追加

次にプラグインの検索窓から「Classic Editor」と打ち込んでプラグインの検索を行います。

プラグインの検索

そうしますとプラグインの「Classic Editor」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックしてインストールを行います。

Classic Editorのインストール

最後に有効化を行えば、使い慣れた元のクラシックエディターに戻ります。

 

これでこれまで通りブログの更新が行なえます。

まとめ

まずワードプレスを5.0にバージョンアップを行うとエディターが「Gutenberg」に強制的に変更されますので、注意が必要です。

このGutenbergですが、これまでのエディターと大きく変更されていますので、ぼくのようにいざ使おうと思っても、使いこなせない可能があります。

バージョンアップは慎重に行いましょう。

もしバージョンアップをしてしまいGutenbergが使いにくいと感じたら、とりあえずプラグインの「Classic Editor」をインストールして元に戻しましょう。

これまで通りの操作性のエディターに簡単に戻せますので、お使いのワードプレスのテーマが対応するなり、操作法が詳しく解説されるまではこれでしのぎましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。