私が車の買い替えで30万円も得した方法

節約

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

これから車の買い替えや売却を検討されている方、もしあなたがディーラーでの下取り価格しか見てなかったら、ひょっとしたら大きくを損しているかもしれません。

ぼくも人と交渉するのは得意ではありませんが、そんなぼくでも30万円も得した方法をお教えします。
それはディーラーの下取り比較だけではなく、買取店での買取価格を比較する事です。

スポンサーリンク

ディーラーでの下取りのお話し

まずぼくの経験談をお話しましょう。

ぼくは7年落ちトヨタのノアに乗っていました。

大きな不満はありませんでしたが、子どもも大きくなってきて、維持費節約のために軽自動車に乗り換えることにしました。

7年落ちですので、まあギリギリ値段はつくかな~、でもそんなに高くはつかないよな~と思いながら、各ディーラーを回ってみました。

最初スズキのディーラーに査定してもらった際は75万円と言われたのですが、内心「7年落ちでも結構高く買い取ってくれるんだな」とうれしくなりました。

これならディーラーでの買い替え交渉を進めていけば、90万円ぐらいまでは値段が吊り上るかもしれないと考えました。

そして何度も購入しているトヨタ(ダイハツ車の扱いあり)のディーラーではほぼ期待通りの88万円の回答!ちょっと気持ちが舞い上がりました!

買取一括査定を申し込む

でも、そこで更なる上乗せを期待して買取店でも見積もりをしてもらうことにしました。

ぼくが行った行動は

  • ネットで車種や年式などの数分で回答できる項目を入力して一括査定を申し込む
  • 買取店からの見積もりを比較して、一番高いところに売却する

たったこれだけです。

具体的にはA社からは概算で80万円の見積もりでしたが、自宅に来てもらったB社には、だめもとで100万円が希望と伝えました。

最初はしぶっていたものの、今すぐ売却を決めてくれるならという条件でOKとの返答。

でも他の買取店の見積もりもまだ出そろっていなかったので、なんとかその日は帰ってもらいました。

そうです、買取各社は車を買い取る事で商品を仕入れて、その車を販売することで、初めて利益が出る訳ですから、1台でも多く買い取ろうと各社必死なんです。

上記のように今だけのお値段ですと猛烈にアピールをしてきますので、そこは冷静になって「まだ各社の見積もりが出揃っていないので、比較してから決めたい」と返答しましょう。

このタイミングを逃すと、この値段はもう出せないですよと言ってくると思いますが、もちろん本当にそういう場合もまれにはありえますが、たいがいは次も同じ値段か、さらに上乗せしてもらえる事さえあります。

そして他の買取店さんの値段を比較することで最終的には7年落ちのノアがC社で105万円の値段がつきました!

最初のスズキのディーラーでは75万円だったので、その差額はなんと30万円です。

ぼくがしたことはと言えば、繰り返しますが

  • ネットで車種や年式などの数分で回答できる項目を入力して一括査定を申し込む
  • 買取店からの見積もりを比較して、一番高いところに売却する

この2つだけです。たったこれだけでぼくの場合は一番安いお店と高いお店では30万円もの開きがありました。

まとめ

車の買い替えは人生でもとても大きな出費ですよね?

でもそんな時こそ大きく得するチャンスでもあります。

日々スーパーで卵パックの安売りで並んでいる場合ではありません!

細かく節約する事も重要かもしれませんが、そういった目先の小さい額には注目するものの、車のように金額が大きいものに対しては意外と無関心な方が多いものです。

車の検討を考えている方は必ず買取店での査定をお忘れなく!

ところで買取一括査定のサービスはいくつかありますが、その中でもぼくが紹介したいのは「楽天オート」の買取一括査定サービスです。

大手の安心感と、さらに楽天ならではのサービスとして楽天ポイントがもらえてしまいます。査定のみの場合はちょっと少ない5ポイントだけですが、買取が決まりますと何と3000ポイントも、もらえてしまいます。これは他にはない利点ですので、買取金額アップで得して、さらにポイントゲットしてしまいましょう!

 

 

 

 

 

※もし楽天カードをお持ちでない方は、この機会に作っておくことをおすすめします。