【DMMいろいろレンタル】の返却方法について解説します

ガジェット

みなさん、こんにちは。ジャン(@JAN19110)です。

DMMいろいろレンタルでレンタルしていたWiMAXをひとまず返却することにしました。

6ヶ月の期間でレンタルした場合は月額換算では2,500円台と大変お得に使えていたのですが、最近では外での通信量が少なめなので、格安SIMのmineoの月のパケット契約を増やすだけでなんとかなりそうです。

この記事ではDMMいろいろレンタルでレンタルした商品を返却する方法と注意点について書いてあります。

スポンサーリンク

【DMMいろいろレンタル】の返却手続き日を確認する

まずは返却手続き日を確認しましょう。

DMMいろいろレンタルのホームページにログインして、ご注文リストをクリックすると確認することができます。

DMMいろいろレンタルのご注文リスト写真

返却手続き日とともに、「※当日17時までに配送業者へ商品をお引渡しください。」と記載があります。
返却手続き日の17時までに配送業者に引き渡しができなかった場合は延滞料金が発生します。余裕を持って手続きしましょう。

【DMMいろいろレンタル】でレンタルした商品を梱包する

まずレンタルしていた商品や付属品が揃っているか確認します。

ぼくの場合はWiMAXルーターをレンタルしましたが、本体と充電器と取扱説明書とそれらが入っていたケースになります。

DMMいろいろレンタルでレンタルした商品と付属品

すべて揃っていることが確認できたら、商品が入っていた箱に入っていた緩衝材といっしょに梱包します。

DMMいろいろレンタルの返却時箱詰め

箱に封をしたら、あらかじめ入っていた佐川急便の伝票を貼り付けます。

この伝票に依頼主と宛名が書いてありますので、こちらで記入する必要はありません。

DMMいろいろレンタルの返却時伝票

配送業者を手配する

配送業者は佐川急便で、集荷依頼先の営業所は納品書に記載されています。

DMMいろいろレンタルの納品書

もし納品書が見つからなくても、佐川急便の担当営業所検索ページからも最寄りの営業所を検索することができますよ。

営業所に電話をして、名前や住所、電話番号そして商品などひと通り必要事項を説明します。

夕方に電話すると、集荷は翌日になると説明を受けましたので、翌日の19時以降の集荷を依頼しました。

ぼくの場合は3月11日の返却で少し早めの3月7日に電話、3月8日引取となりましたので余裕でしたが、遅くても返却手続き日の前日までには佐川急便の営業所に電話して集荷手配をしておきましょう。

あとは佐川急便の集荷の方にレンタル品を渡して手続きは完了です。

まとめ

この記事ではDMMいろいろレンタルの返却手続きについて説明させていただきました。

特別にむずかしいところはありませんが、返却手続き日の17時を過ぎての配送業者への引き渡しは延長料金を請求されてしまいますので、早めに手続きをするようにしてください。

WiMAXルーターを当初から6ヶ月でレンタルしましたが、大変お得だったので1度延長してさらに6ヶ月レンタルしました。

もしWiMAXルーターが必要になった場合は、またDMMいろいろレンタルで契約すると思います。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。